スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市販のシャンプーって・・・驚きです。

色々とシャンプーの事を調べていたら見つけたのがこちらです。



こちらはノンシリコンシャンプー研究会というサイトなのですが、


色々とシャンプーについての記載があり興味をそそられたので見てみました。


そうすると驚くような内容があったのです。



こちらのノンシリコンシャンプー研究会は、自分達でシャンプーをためして


色々な結果をサイトに記載してくれているので、


確かな情報が得られるサイトになっています。


そこで驚いたのが、


こちらの研究会で市販のシャンプーの成分を見たところ、


台所洗剤と同じような成分が使われていたということです。


まさか、台所洗剤で頭を洗っていたなんて!


想像しただけで怖いですよね。


確かに台所洗剤のあわ立ちと、シャンプーの泡だち、かなり似ているような気がします。


シャンプーもあんなに泡がたつのは少しおかしいですよね。


それに興味がそそられて他の内容もじっくり読んでみました。



シャンプーには大きく分けて3つの種類があり、


アルコール系、石鹸系、アミノ酸系があるということ。


そして自分のシャンプーがどれにあたるか成分も記載されているのでわかりやすい。



どうしてノンシリコンシャンプーがよいと言われているのか。


それもきちんと説明してあります。


髪の毛は水にぬれるとキューティクルが開いてしまいます。


そんな時に普通のシャンプーを利用してしまうと、


強い成分がキューティクルを剥がしてしまうのです。


そしてシリコン入りのシャンプーでコーティングして髪の状態をごまかしているだけ。


それでは良くないと、元から髪の毛の状態を良くしようということで、


ノンシリコンシャンプー委員会が作られたのです。



ドライヤー一つにしてもこだわりがありますよ。

リンクをご覧ください。


手のひらにドライヤーの風を当てて熱いと感じたら、


それは駄目な印です。


手のひらが熱く感じないようにドライヤーを当ててみる。


そして同じ状態で髪の毛にも使用する。


熱により痛む可能性が大いにあるからです。


一番大切なのはキューティクルをはがさないという事ですよ。


他の詳しい情報は是非HPをご覧ください。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

友達申請

Want to be friends with this user.

リンク
検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。